【リポコラージュ】ラメラエッセンスの口コミ体験〜楽天で売ってる?

MENU

保湿の基本って知ってますか?

 

 

愛らしい肌の制約に「うるおい」は欠かせません。美肌効果を期待して、割高クリームや美貌液をずっと購入している方も多いのではないでしょうか?まずは「保湿の機構」を理解し、規則正しいスキンケアを行ない、潤った素肌を目指しましょう。

 

肌の潤いは、角質階層(尖端階層)で守られていらっしゃる

 

角質階層はちょっと約 0.02 o(夕食包装用透明ラップと同側)の厚さのなかで、角質細胞が妨害のみたい. に 10 〜20 階層積み重なり、外部からの水分の潜入を防ぎ、同時に内部の水分の蒸発を防ぐという任務を担っていらっしゃる。手のひらや乗り物の奥などでは尖端階層がとっても分厚く物理的な原動力に強くなっていらっしゃる。

 

例えば、お風呂に入った時に水が肌の中に入っていかないのはどうしてでしょう。肌には外部からの異物の潜入をはばむ障壁反応が備わってあり、細胞友人を沈着させる結果、水や異物が肌の中になだれ込むのを防いでいらっしゃる。ですから、肌の外側から化粧水などで水分のみを取り入れしても、角質階層深部に潜り込むことはなくそのままにしておくと蒸発してしまう。この時、角質階層にある水分を奪っていくので過乾燥となることもあります。

 

お肌は障壁反応で水や異物をはじいていらっしゃる

 

お肌の水分を保持するメカニクスとは?

 

手強いケラチンタンパク質で出来ている角質細胞ですが、人の肌を触ると柔らかく憶えるのは、角質階層に約30%の水分が含まれているからです。このように十分な水分を含んでこそ、肌のハリ、流ちょうさ、柔らかさを維持することができます。

 

一般に、皮膚のうるおい(水分嵩)は皮脂(ひし)、天然保湿きっかけ(てんねんほしついんし)、角質細胞中脂質(かくしつさいぼうかんししつ)という3つの物によって規定に保たれていらっしゃる。角質階層に保持されている水分の仲間2〜3%を皮脂膜が、17〜18%を天然保湿きっかけ、残りの約80%は、セラミドという角質細胞中脂質によって守られていらっしゃる。

 

ところが、それら3つの保湿きっかけが加齢などの原因で減ってしまうと、角質階層の水分も減少し、皮膚が厳しく乾燥した皮脂欠乏症になる。

 

また、熱い湯に長くつかる、脱脂キャパシティーの激しい体ソープでボディーを洗い流しすぎると、皮脂と角質細胞中脂質が流れ出てしまうため、お肌は乾燥します。二度と、外気や院内の乾燥も影響します。例えば空気インサイドの湿度が50%以下になると角質階層の水分が急激に蒸発しやすくなります。肌のつっぱりを感じた時折、既に肌の水分嵩が10%以下になっていることもあり、お肌は第三者の環境に非常に影響されやすいという特質があります。こういった生活ルーティンや暖房の入れすぎなども皮脂欠乏症に患う原因の1つと考えられています。

 

それぞれの保湿因子の効果を知ってスキンケアに活かしましょう

 

保湿因子の重要性を上記で述べましたが、次はそれぞれの保湿きっかけを細かく見てみましょう。

 

 

 

皮脂は水分を保つ大切な膜です

 

汗と皮脂(皮脂腺から分泌罹る脂)が混ざり合ったもので、天然のクリームとも言われます。天然の油膜として肌の見た目を囲う結果、水分の蒸発を防ぐとともに、スレ反抗を切り落とし、見た目をなめらかにしています。また、皮脂膜にある脂肪酸によって程度酸性を持ち、バイ菌の増大を防いでいらっしゃる。

 
皮脂と汗などが入り交じりあい皮膚膜となります

 

皮脂の嵩と経皮水分蒸散嵩(TEWL)は、逆つながりにあるために皮脂の嵩は多すぎても少なすぎてもいけません。皮脂の分泌が少ないと肌にザラ付きや乾燥が出て障壁も弱ります。反対に皮脂の分泌が多すぎる、肌が脂っぽくベタつき、皮脂が原動力物に変化し肌の炎症を齎し、面皰の起因にもなります。このように皮脂膜が重要な機能を果たすためには、適度な皮脂の分泌が必要です。

 

水分を蓄えてキープする天然保湿きっかけ

 

Natural Moisturizing Factorと済む、NMFと略されます。ケラチノサイト(尖端化細胞)が尖端化やる過程でタンパク質から作り出されます。水分と結合する性格があり、アミノ酸、尿素、乳房酸、塩基一団などで構成されています。水分を附着始める性格が激しく、水分を角質階層に渡し、柔軟性と弾力性のある角質階層の性格を保つ任務を担っていらっしゃる。

 

肌バリアと繋がる細胞中脂質の効果

 

角質細胞中脂質角質細胞の構造は、とことんレンガとセメントに例えられます。角質細胞(レンガ)友人を角質細胞中脂質(セメント)が組み合わせる結果、内部の水分蒸発を切り詰め、第三者の刺激から続けるという役割があります。

 

角質細胞中脂質は水を抱える親水基と脂質としての性格を持つ父母油基があります。水分階層と脂質の階層が交互に被る形の結果、脂質二重層状構造(ラメラ構造)となり、上のチャートのように水を挟み込んでいらっしゃる。

 

水分階層と脂質階層が交互にあることで、随分水も漏らさぬしなやか警備バリヤになっている意図です。また比熱の良い水分階層は、温冷原動力に対しても、際立つクッションとなります。

 

こういう水と脂がキレイに並んだラメラ構造が崩れてしまうと、水分が抜けやすくなる。乾燥しやすい肌や敏感肌のヒトはラメラ構造を整えて保湿することがポイントです。

 

角質細胞中脂質はケラチノサイトの尖端化の過程で仕上がる脂質で、その成分はスフィンゴ脂質の支援「セラミド一団」が幾分分を占め、遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステルなど複数の脂質で組成されていらっしゃる。

 

セラミドには6つのグループがあります。保湿に人付き合いあるのはグループ2とグループ1で、グループ2のセラミドは水分を保持する任務を担っていらっしゃる。角質階層の特質の一つ障壁としての効果をしていると考えられているグループ1のセラミドは、良識脂肪酸のリノール酸が含まれています。リノール酸を消した献立を与えられた鳥獣試験では、リノール酸の代わりに非良識脂肪酸がセラミドにある結果、酷い障壁障害を引き起こすと報告されていらっしゃる。

 

ただ、コレステロールを増やさないことでも話題になったリノール酸(植物油・ゴマ・クルミ・高野豆腐などに手広くある)ですが、摂取しすぎると、善玉コレステロールを退廃させ、動脈硬直を弾き出すことが最近報告されていますので、青魚にあるEPA、DHAなどのオメガ3の脂もバランスよく摂取する必要がありみたいです。

 

 

オメガ3はボディだけでなく、美貌にも大事な成分です

 

セラミドは、基底細胞のケラチノサイトのスフィンゴシンが素となっています。基底階層(きていみたい)から有棘階層(ゆうきょくみたい)、顆粒階層(かりゅうみたい)、角質階層(かくしつそれほど)までの尖端化の過程でスフィンゴシンは代謝を繰り返し、角質階層でセラミドとなります。これをセラミド代謝と言います。

 

アトピー性皮膚炎病人は、こういうセラミド代謝が正常に機能せず、スムーズの3分の1程度のセラミド嵩しかありません。こういう事が原因で角質階層の障壁反応が低下することが、アトピー性皮膚炎発症の重要なきっかけとなっていることが解っていらっしゃる。

 

このように、角質細胞内でNMFが水分と結合し、角質細胞中脂質が敢然と水分を抱き込む結果角質の水分は保たれているのです。グングンその上に起こる皮脂膜が肌の見た目を覆い、水分が蒸発するのを防ぐフタの任務をしています。こういう様な柔らかく、はかなげな成分で作られた構造に、肌の持つしなやか強さと、美しさの秘匿が隠れるのです。

 

面皰の護衛にも保湿が絶対

 

面皰も障壁ハードルが起因だということを、ご存知ですか?面皰のオープニングは「髪の毛包漏斗部(毛穴のスタート)がつまるイベント」ですが、面皰の病人さんは尖端階層のセラミド嵩が少なく、障壁反応がハードルされていることが分かってきました。

 

毛穴が詰まって仕舞う想像

 

障壁反応が壊れると角質細胞からIL-αという見識を伝達する為のタンパク質ですサイトカインが攻略され、それがきっかけとなりケラチノサイトを分裂させます(角質階層と肌を分厚くしてボディーを守ろうとします)。髪の毛包内に常在やるアクネバイ菌は、皮脂成分のトリグリセリドを遊離脂肪(FFA)に変えます。

 

こういうFFAが角質細胞中脂質の化合やり方に組み込まれると、オレイン酸を外用した時と同じように異常なラメラ構造が適い、セラミドなどの角質細胞中脂質の化合を抑制し、障壁ハードルを堅持させます。どんどん、角質細胞の沈着性を亢進させて捲れにくくするので毛穴がふさがるのです。

 

毛穴がふさがると、アクネバイ菌は好脂性(脂が穴場)の結果、溜まった皮脂により個数が目立ち、好インサイド球と好インサイド球出所活性酸素(ROS)を付け足し、炎症を有する面皰と達するのです。このため好インサイド球出所ROSを燃やす抗生剤が面皰に有効なことが分かってきています。

 

毛穴の停滞を取り消しし、皮膚のターンオーバーを備えるのでケミカルピーリングは面皰に有益です。しかし、年甲斐アクネバイ菌の滅菌・滅菌や過剰なシャンプーは障壁反応をますます悪化させ、お肌の過乾燥を悪化させます。乾燥すると刺激から続けるために余計角質が分厚くなり(過尖端化)、毛穴のスタートがふさがれニキビ(コメド)となり悪間隔になります。

 

実際のスキンケアで気をつけたい所

 

 

 

ひとまず、規則のシャンプーは、洗い過ぎに要文句です。汗とホコリは、ぬるま湯で十分に取り外せます。また脂分の多い所はシャンプー費用をたっぷり泡立てて不浄を手厚く包むように洗い流します。お化粧をした時は、自分の肌に見合うクレンジング剤をしっかり活かし、擦らずゆっくりと乳化させ、水またはぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

 

次に、化粧水でお肌をいじるほうが多いと思います。酒類が含まれ、保湿に有効な成分を含まない化粧水を高度数に外用すると、水分が蒸発する際に却って過乾燥をはじき出すことがあります。

 

化粧水で保水した後は、クリームなどの油分を含む化粧品を塗ってフタをする必要があります。障壁治癒に役に立つ成分が含まれているとなお良いでしょう。一際角質細胞中脂質の1つであるセラミド、あるいはそれに類似した保湿成分が配合されたクリームを附けることをおすすめします。

 

外用した脂質は角質階層を通過し、顆粒階層内で角質細胞中脂質の化合やり方にあることが分かっているからです。

 

しかし、脂質なら何もかも良しというわけではありません。脂質の種類(オレイン酸などのある種の不満杯脂肪酸)によっては、異常なラメラ構造(下積みの障壁)が作られて障壁ハードルを生じ、ニキビ設置(面皰)、過尖端化、肌肥厚、落屑驚異を引き起こすのです。「ノンコメドジェニック」というのはこうした面皰(コメド)を足しにくい成分で作られているというイベントです。

 

ラメラ構造と同様の構造と反応を有する微粒子(ラメラ構造脂質)が工業チックに仕上がるなど、近年では保湿成分のリサーチも目覚ましいものがあります。

 

乾燥肌で敏感肌に上る

 

乾燥すると大切な角質の障壁反応が低下し、アレルギー対応が出やすくなることも分かっていらっしゃる。反対に、障壁反応を上げるスキンケアをすれば、抗原が肌まで侵入しなくなるのでアレルギー対応を生じにくくすることもできるのです。信頼できる皮膚科医に問題しながら、その時々でお肌の具合を見極め、うるおいの生じる状態に保つスキンケアをご自分で五里霧中下さい。

保湿の基本って知ってますか?関連ページ

スキンケアの土台は、ズバリ!保湿です
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?
夜に行うスキンケア
スキンケアは毎朝・毎夜行うわけですが、朝と夜のスキンケアにはちがいがあります。
スキンケアで失敗すると乾燥肌になるって知ってた?
普段自分なりに行っているスキンケアですが、やり方がよくないことで大変なことになってしまいます。いくら高級な化粧品でスキンケアをやっていても、やり方を失敗すると肌が乾燥してくるのです。あの嫌な乾燥肌になってしまうので、まずは正しいスキンケアを行えるようにしましょう。