スキンケア 乾燥肌

MENU

スキンケアで失敗すると乾燥肌になるって知ってた?

スキンケア 乾燥肌 

 

元来お肌の角質層には、水分を保持したり、アレルゲンやUVからお肌を続ける「バリア稼働」が備わってある。

 

それではなぜ、私たちのお肌の保湿実力は低下し、乾燥肌に患うのでしょうか?

 

乾燥肌に悩んで皮膚科を訪ねるクライアントさんの多くは、間違ったスキンケアによって自分皮膚のバリア稼働を傷つけ、自分で乾燥肌を招いてしまっているのです。

 

どういうスキンケアがお肌の水分保持力を低下させる?

 

以下のようなスキンケアが、角質層のバリア稼働を損ない、乾燥肌の原因となる間違ったスキンケアです。

 

こすりすぎ・キャパシティーの入れすぎ

 

間違ったスキンケアの取り分け、最も乾燥肌の最大の原因になるのが「こすりすぎ」。

 

勿論、ゴシゴシ洗浄や毛穴内容、スクラブシャンプーなどは制御ですが、一所懸命スキンケアをしようとすると、ふっと力が入ってしまい、知らない間に角質層を傷つけてしまう場合があります。

 

乾燥肌でお苦悩の奴は、以下のようなことをしていないか、スキンケアの術を付け足しましょう。

 

  • クレンジングや洗顔時に、指が肌に触れた状態で何度もグルグルと撫でまわす
  • 取り去りクレンジングや取り去り化粧水を頻繁に使う
  • 化粧水を広めるシチュエーション、敢然と肌の奥まで普及させようとパッティングやる
  • クリームを広めるシチュエーション、指ですり込む
  • 血行を促進するためにマッサージをやる
  • 日焼け止めやファンデーションは叩き込むのではなく、塗りこんで掛かる

 

こすりすぎによる負荷は、角質層を傷つけて肌の保水能力を低下させるだけではなく、お肌に見えない炎症を引き起こし、染み(単に肝斑)を発生させてしまうこともあります。

 

「指紋が接する程度のスレでも角質層が傷つく」という皮膚科のドクターもいるくらい、お肌にとってスレは仇。スキンケアを行う際は、やっぱりやさしく、力を入れず、なるべくお肌に指を触れさせないように行いましょう。

 

 

スキンケア 乾燥肌 

 

クレンジング、シャンプーの頻度が多すぎる

 

クレンジングやシャンプーをすると、お肌の汚れや余分な皮脂だけでなく、多かれ少なかれ、皮脂膜や角質層のセラミドなどの細胞スパン脂質、NMF(天然保湿元凶)も洗い流してしまう。

 

お肌の水分保持キャパシティーは、細胞スパン脂質が80%、NMF(天然保湿元凶)が18%、皮脂が2%を担っているので、これらが流出すると、お肌の水分保持キャパシティーは激減してしまう。

 

肌には回復する力があるので、よほど洗い流しすぎてなければ、寝ている間にバリア稼働が回復しますが、早朝にふたたびきちんとシャンプーをしてしまうと、お肌はせっかく回復したバリア稼働を再度失うことになります。

 

そんな無防備な状態で乾燥した状況やUV、化粧品の添加物などに繋がることは、当然ながらお肌にとっては大きな懸念となります。

 

乾燥肌は洗いすぎ厳禁!

 

お肌が乾燥しているのであれば、以下のようなことはすぐに中止するのが勧告です。

 

  • 早朝、シャンプー剤や石鹸を使ってぐっすり洗顔する
  • 外見を洗うときのお湯の温度が高い
  • 外見を洗った下、手ぬぐいで外見をぬぐう(手ぬぐいで外見を控えるのではなく、拭いて仕舞う)
  • 夜のクレンジングやシャンプーで、徹底的に汚れやメイクを落としている

 

皮脂の分泌が普通から数少ない自身は、早朝はぬるま湯で何気なくそそぐ程度で十分です。

 

皮脂分泌の多い自身は、酸化した皮脂は毛穴など別のトラブルを発生させる可能性がある結果、Tゾーンなど皮脂分泌が多い部分のみ石鹸やシャンプー剤を思い切り泡立てて、気持ちよく優しく洗顔するといいでしょう。

 

洗浄力が強いクレンジングやシャンプー剤を不必要な場所にも使用している

 

癒効果の著しいクレンジング剤やシャンプー剤であればあるほど、当然ながら、皮脂膜や細胞スパン脂質、天然保湿成分などを落とす使い道が強くなります。

 

わかりやすさはお肌に手厚く、洗浄あがりがしっとりしていても、以下のようなクレンジングやシャンプー剤は大量の合併界面活性剤が塞がり、皮脂膜や角質層に大きな負担を与えます。

 

  • 汚れやメイクとすぐになじみ、深いメイクが簡単に洗い流せるクレンジングやシャンプー剤
  • 軽く拭くだけで簡単に汚れが下がるクレンジング剤
  • 毛穴汚れや角栓が落ちるクレンジングやシャンプー剤
  • 濡れたツボでも助かるクレンジング剤

 

汚れやメイクと手早くなじんだり、毛穴汚れや角栓が落ちたりするということは、同じく油性の皮脂や細胞スパン脂質とも思い切りなじみ、洗い流して仕舞うという事態です。また、毛穴汚れや角栓が垂れるのは、角質を除く使い道が凄いということなので、無論角質層へのケガが大きくなります。

 

乾燥肌が慢性化始める導因とは?

 

スレや間違ったクレンジング、シャンプー、UVなどによって皮膚がダメージを受けると、お肌は危機だと認識し、角質細胞の増加テンポが速まります。そうやって作られた角質層は未熟で、十分なバリア稼働を始動できません。

 

その状態で、角質層をますます害する間違ったスキンケアを重ねると、お肌はケガを受け続け、保水能力の乏しい、未熟な角質層を考え出し積み重ねることになります。

 

一時的な乾燥では無く、乾燥肌が慢性化している奴は、 これらのような間違ったスキンケアはすぐに中止するようにください。

 

それでも乾燥肌が改善諦める場合は、ふさわしいつもりで間違った術をやり続けているか、何か別のところに原因があるケー。

 

そのような場合は、早めに皮膚科を受診し、ドクターにアドバイスをもらうことをおすすめします。

スキンケアで失敗すると乾燥肌になるって知ってた?関連ページ

保湿の基本って知ってますか?
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?
スキンケアの土台は、ズバリ!保湿です
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?
夜に行うスキンケア
スキンケアは毎朝・毎夜行うわけですが、朝と夜のスキンケアにはちがいがあります。