【リポコラージュ】ラメラエッセンスの口コミ体験〜楽天で売ってる?

MENU

水溶性コラーゲンとはどんなもの!?

 

 

 

コラーゲンは元々、非常に丈夫で水に溶けないプロパティを持っています。

 

水溶性コラーゲンとは、豚の皮などアニマルの真皮を種とし、そのコラーゲン線維を酵素などをつぎ込み低温で溶解するため受け取れる、螺旋組立を秘めるコラーゲンの水溶液のことを言います。主に化粧品お話として使われていらっしゃる。

 

「低温で温和な基準で溶解する」というのがポイントで、これが熱量になってしまうとコラーゲンの螺旋組立が壊れ、ゼラチンに変わってしまいます。酵素を活かし、低温で解かす事により、コラーゲン本来の螺旋組立を壊さずコラーゲンを抽出することが出来ます。

 

水溶性コラーゲンは、毒素が非常に数少ない部分、粘性が激しくコラーゲンの純度がおっきいのが特徴です。

 

一方、魚の真皮を種と始めるコラーゲンは、酵素を使わずに弱酸性の少ない気温の水溶液中で溶解し、水溶性コラーゲンを作る事が出来ます。ただ、酵素は毒素を消したり、若々しいコラーゲンを思い切り解かす働きをしてくれます。なので、酵素によって溶解したコラーゲンのほうがプロパティ・コストパフォーマンス的には優れています。

 

実際の「水溶性コラーゲン」というふれこみの使われ皆さんは、水に解かす事ができてコラーゲン由来のものであれば、まとめて「水溶性コラーゲン」と仰ることもありますが、本当の意味での水溶性コラーゲンは、ゼラチンやコラーゲンペプチドとは全く違う体裁やプロパティがあるので、これらは区別されるべきものです。

 

水溶性コラーゲンとは、コラーゲンのプロパティ「螺旋組立」をそのままに壊さぬみたい取り出したものを言います。

 

水溶性コラーゲンの属性・効果

 

属性・効果その1「コラーゲンの純度が厳しく、粘性が硬い」

 

コラーゲンはアニマルの皮を種としますが、その種にはコラーゲン以外の物も含まれています。

 

水溶性コラーゲンは、種です真皮を洗浄して毒素を取り除いた後に酵素を使用して溶解していきます。酵素はスゴイ力を持っていて、コラーゲン以外の毒素は分解して除いていただける。

 

グングン、酵素は若々しいコラーゲンをしばしば溶かします。「若いコラーゲン」が濃縮陥ることになり、直後幾度も精製工程を重ねることにより、一段と純度の高い水溶性コラーゲンが出来上がります。

 

また、こだわりがさんざっぱら手強いということも水溶性コラーゲンの特徴です。その粘性の高さは、ある箱を逆さまにしても垂れて欠けるほどだ。

 

属性・効果その2「保湿・保水性が優れている」

 

水溶性コラーゲンは拘りが硬い結果、水分を携える才能に優れています。

 

こういう属性を利用したものが、附けるタイプのコラーゲン化粧品だ。ゼラチンは水溶性コラーゲンにどんどん熱を加えて溶かしたものですが、ゼラチンはコラーゲンよりも水を吸い寄せる分量が少ないです。

 

属性・効果その3「会得性がいい」

 

水溶性コラーゲンを口から飲むと、胃の中でゼラチン横直後アミノ酸やペプチドとなり、腸から吸収されます。

 

その際に、歳をとったコラーゲンが多いと未会得製品が残り易いと言われています。酵素によって溶解した水溶性コラーゲンは、若々しいコラーゲンが多いので会得性が良いです。

 

属性・効果その4「丈夫な皮膜をつくる」

 

コラーゲン水溶液を表皮に塗りつけると、表皮の偽りに無い皮膜が形成されます。表皮の水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿効果を上げる結果、化粧品お話として使用されていらっしゃる。

 

 

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンのずれ。毒性・界面活性剤について

 

水溶性コラーゲンについて調べていると、水溶性コラーゲンは界面活性剤なのか?加水分解コラーゲンとの違いは何か?などといった設問を抱える人が多いように感じました。

 

■界面活性剤とはなにか?

 

まずはコチラが基本です。界面活性剤とは、「分輩内に水になじみ易い部分(親水基)と、油になじみ易い部分(両親油基・疎水基)を持つ物体の総称」(Wikipediaより引用)だ。

 

水と油はくれぐれも交ざり合いませんが、界面活性剤の力を使えばタイミングを取り持ってくれ、水と油はなじみます。乳液やクリーム等の化粧品お話として、リンス、コンディショナー、石鹸・・・etcに使用されていらっしゃる。

 

■水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンのずれ

 

次に水溶性コラーゲンと、加水分解コラーゲンのずれについてだ。

 

・水溶性コラーゲンとは
上記の行き来、コラーゲン種ですアニマルの真皮を酵素などを用いて溶解した物。コラーゲンの螺旋組立を壊さず、粘性の厳しいコラーゲン水溶液。

 

・加水分解コラーゲンとは
「加水分解法」を用いて取り出したコラーゲン。水溶性コラーゲンはコラーゲンの分輩分量はそのままですが、加水分解コラーゲンはこういう分輩分量がちっちゃいだ。肌に浸透し易く、またはボディに吸収されやすいのが特徴です。分輩の可愛い加水分解コラーゲンのことを、「低い分輩コラーゲン」「コラーゲンペプチド」と呼んだり行なう。※加水分解の方法により、分輩分量のがたいは異なります界面活性剤とは言えない!

 

■とも界面活性剤ではない!

 

界面活性剤とは、上記Wikipediaの引用の行き来親水基と両親油基を有するもののことですので、水溶性コラーゲンも加水分解コラーゲンも界面活性剤とはいえません。

 

化粧品の能力としては「保湿剤」に当てはまります。

 

アニマル由来の生れつき界面活性剤です!なんて書いてある製品もありまして、そうなのかな?なんて思ってしまうが。界面活性剤の主旨に相互のコラーゲン両者あてはまりませんので・・

 

ミスしないようにしたいものです。

 

■毒性は?

 

水溶性コラーゲンも、加水分解コラーゲンももともとはタンパク質ですしボディに入ればアミノ酸とペプチドだ。

 

安穏の高いものですが、ゼラチンアレルギーの理由となったり、プロダクトによってはえび、カニを種に取り込むという物もありますのでアレルギーを持つ皆さんは注意が必要です。

 

水溶性コラーゲンとはどんなもの!?関連ページ

コラーゲンは肌にいい、コラーゲンは女性にとって必要とか言うけど実際の効果はあるの!?
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?
コラーゲンの口から入れても効果は無いって!?
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?
コラーゲンにはどんな種類があるのか
今話題の【リポコラージュ】ラメラエッセンスを使っています。口コミ体験談としてご参考にしてください。楽天やamazonで売ってるの?